スポンサーサイト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


最近の投資用不動産の動向

最近の中古の投資用不動産の市況はアベノミクスの影響で市場に資金があふれているため

そのあふれた資金が不動産に向かっていることと、 新築マンションの建築費の高騰により中古の投資用マンション アパートの取引価

格が2年前に比べて約2割程上昇しています。

東京、名古屋、大阪の投資家の方からの購入依頼も増えていて熱くなっています。

今、投資用のアパートやマンションの売却を検討している方には今がチャンスだと思います。

まとまった資金を持っておきたい方、相続税を払うために現金が必要な方。

空室が多くなって来て経費がかさむので売却を考えている。

管理が煩わしいので売却を考えている方。

様々な理由で投資用不動産の売却を検討する方がいらっしゃいます。

売却を考えた時に一番気になるのがいくらでどれくらいの期間で売却できるのかだと思います。

そんな方に安心してご活用いただけるのが 不動産売却王のサイトです。

必要事項を入力するだけで、自動で査定価格が出て来ます。

日々ウェーブハウスが収集したデータに基づいて価格を表示するシステムですから精度の高い査定

を知ることができます。

大切な不動産を売却するにはまずは、不動産売却王で適正価格を知ってから行動してください。

ウェーブハウスでは不動産を買いたいお客様が約400名いらっしゃいます。只今、至急売却物件を求めています。

不動産の売却のことなら不動産売却王をお気軽にご活用下さい。 











 

不動産投資を成功させる方法

人口が減少している時代に不動産投資を成功させるために何に注意すべきか?
不動産投資には大きなリスクが4つあります。
1つ目は災害で倒壊してしまうリスク。
2つ目は大規模な修繕が発生するリスク
3つ目は資産劣化のリスク 購入した不動産価値が下落してしまうリスク。
4つ目は入居者がつかず、空室が増えるリスク
これは収入が下がるため、当然資産価値も落ちてしまいます。
では、どうやったら、高い入居率を維持していくのか・・・・
これが、最も重要なポイントなのです。
自分の所有している物件の近隣で条件のよい新築マンションが建ったり、
競合物件が家賃を値下げしたりして自分の物件もやむを得ず、家賃の値下げ
合戦になっている物件も見受けられます。

では、どうやって高い家賃で入居率を維持していくのか?その答えは
デザインリノベーションにあります。
リノベ―ションでデザイン性に優れた物件に変身させることができれば、
現状の賃料を下げることなく、高い入居率を維持できるのです。

今後、不動産賃貸経営は需給のバランスが崩れてますます、厳しくなっていくでしょう。
その時、どういう選択肢で乗り切っていくのか真剣に考えなければならないでしょう。

しかし、きちんとノウハウを勉強して解決すれば、必ず不動産投資を成功させることができると思います。