<< リビタがグッドデザイン賞を受賞 | main | 東日本大震災の影響 >>

スポンサーサイト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


リノベーションマンションがグッドデザイン賞を受賞

昨年の2月に開催された四国電力主催の
オール電化賃貸住宅経営セミナー
ご一緒させていただいた
首都大学東京の 青木 茂 先生が手がけた
集合住宅 [高根ハイツ]が2010年度 サステナブルデザイン賞を受賞しました。


リノベーション建築の第一人者として有名な青木先生の功績はすばらしいと思います。
以下物件説明 グッドデザインファインダーのサイトから引用
昭和38年竣工のWRC造4階建て共同住宅の再生。建物の再生を選択された施主の思いは先代から受け継いで自ら管理を行ってきた愛着のあるこの建物を検査済証が存在しない状態から検査済証、構造評定を獲得することにより新築と同等の資産としての評価を向上させ次世代へ受け継いでいきたいというもの。 そして当時施工不良によりラーメンから壁式構造に変更された経緯のあるこの建物を安全性と法的正当性の立証を本計画にて実現させる。 躯体の修繕、老朽化設備の更新、新しいデザインの変更を試み、苗木から建物と一緒に育ててきた中庭の自然環境を残しながら大規模の修繕を行い建物の長寿命化を目指して再生した。




岡山リノベーションのことなら ウェーブハウス

スポンサーサイト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • -
  • 19:05
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM