<< 東日本大震災の影響 | main | 岡山の不動産投資事情 その2 >>

スポンサーサイト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


岡山の投資不動産市況

岡山の投資用不動産の市況は、震災後 災害の少ない岡山に
投資しようとする動きが活発となっており、鉄筋コンクリート造で
築後20年前後、表面利回り13%前後の物件がよく売れています。

不動産投資は長期投資になるので、今後予測される大震災のことを
考えると地震リスクは無視できないので、なるべく災害リスクの少ない
地域へ投資を集中する傾向にあります。

岡山は中核都市に比べてまだまだ、利回り13%前後の不動産が多く存在するので
都心部の投資家から見ても、魅力的な市況にあると思います。

投資用不動産市況は活況を呈しています。これを機に岡山の不動産投資を考えてみては

いかがでしょうか?

岡山不動産投資のことなら ウェーブハウス

スポンサーサイト

  • 2018.07.03 Tuesday
  • -
  • 09:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM